うつ病の対策と治療|うつは事前に防ぐことが大切

うつ病の治療方法

医者

心療内科ではうつ病への治療として、定期的なカウンセリングと薬物療法、さらには認知行動療法によって治療を行ないます。患者さんからの問診や検査結果から症状の重さを判断し、適切な方法を組み合わせて治療を行なうのです。

カウンセリングは、うつ病を抱えている患者さんの精神的な負担を軽減するために行われます。医師が患者さんの抱える不安や感情をきちんと聞くことにより、精神的に落ち着かせてくれるのです。多くの人は、カウンセリングについて、ただ人の話を適当に聞いているだけだと考えるでしょう。しかし、このカウンセリングはそれほど単純なものではありません。きちんと患者さんの抱える悩みに向き合い、悩みに理解を示すことで、うつ病患者さんが抱きやすい「孤独感」や「不安感」を和らげることができます。うつ病になるとネガティブな感情が心を占めてしまい、悲観的な発言や自罰的な発言が目立つようになります。はじめはうつ病患者さんに同情していても、次第にネガティブな発言に嫌気がさし、つい患者さんを突き放すような言葉を発してしまう人も多いのです。うつ病の人へ突き放すような言動をすると、うつ病患者さんはその発言をさらに重く受け止めてしまい、一気に症状が重くなってしまいます。心療内科でのカウンセリングでは、医師がきちんと患者さんに対応してくれるので、患者さんの家族や友人の人の負担も軽減できます。医師は患者さんが精神的に追い詰められないように不安感を取り除き、さらに自らの症状を自覚し、治療に向けて前向きになってもらうよう、促すことで治療を行ないます。

薬物療法は、うつ病の症状を抑制するために、専用の薬を処方することです。うつ病に掛かると神経伝達物質の量が不足してしまい、精神的な不安定さや意欲の低下といった症状が現れます。薬物治療で処方される薬は、この神経伝達物質の減少を抑える作用があるのです。うつ病の治療薬として使用される薬で最も有名なのが、SSRIです。この薬は脳内の精神バランスを保つとされているセロトニンを、受容体へ多く結合させることができる薬です。神経細胞は分泌されたセロトニンを全て受け取るわけではなく、いくつか受け取れなかったセロトニンは再吸収作用によって分解されてしまいます。しかし、SSRIを服用することで、この神経細胞の再吸収作用をブロックすることができるのです。再吸収がされなかったセロトニンは、神経細胞へ結びつきやすくなります。結果としてセロトニンの効果が得やすくなり、精神状態が安定するようになります。

認知行動療法は、行動習慣によって「自動思考」を改善する方法です。私達は物事を捉える際に、長年の経験から自動的に一定の考えや感情を持つものです。過去に溺れてしまった経験があれば、強いトラウマとなって残ってしまい、足のつく浅瀬でも入ることを怖がってしまうものです。このような一定の条件下によって現れる感情を自動思考といいます。認知行動療法では、この自動思考を改善することで、うつ病の原因となる精神的な負担の解消を行ないます。自動思考は長年の経験や習慣によって身についたものなので、逆に新しい経験を身につけることで上書きをすることができます。水が怖いという自動思考があれば、医師の元で徐々に水に慣れていく行動をすれば、自動思考を改善することができます。認知行動療法では、うつ病の人が強いストレスを感じる物事に対し、反復的な行動を行なうことで、ストレスを克服することができる方法です。治療によって得られた成果は、日記などで記録し、グラフによって目で見えるように成果を表します。このことによってうつ病患者さんに症状が順調に治っていることを「認知」させ、治療を行なうことができるのです。