うつ病の対策と治療|うつは事前に防ぐことが大切

うつ病について知ろう

カウンセリング

うつは脳の問題

うつ病は、心に重いダメージを与える病気です。うつ病になることで心は沈み、情緒不安定になります。そのため、うつ病は心の病だと思っている人は多いです。しかし、うつは心ではなく、脳の病なのです。具体的な説明をしますと、何らかの原因で脳にダメージが及ぶと、脳のホルモンバランスに大きな乱れが生じます。その結果、脳の神経伝達物質に異常が発生します。そうなると脳から発されていた感情のブレーキや意欲といった感情を司る物質がほとんど分泌されなくなり、精神に問題が生じてしまうのです。そして、一度うつになると、完治するまでに長い期間がかかります。初期段階のうちならば軽い不眠症程度の症状ですが、進行することによって感情障害による気分の落ち込みが激しくなり、状態が悪化していきます。そして、適切な治療を行い状態の回復から回復するまでの期間は早くても1年ほどかかることが多いです。そのため、うつは治すことよりも予防することが重視されています。

うつの原因

なんでうつになるのかということは、実は未だに解明されていません。まだ不明なことが多い病気なのです。しかし、ストレスが大きく関係しているということは判明しています。うつが発症する多くの原因はストレスであり、環境の変化や普段の人付き合い、日常など、ストレスを普段から溜め込んでいる人はうつを発症する確率が高くなっています。そのため、うつの予防にはストレスの発散が重要だと考えられています。

代表的な症状

うなだれる人

うつ病になると、心身ともに様々な影響が現れます。倦怠感や睡眠障害、他にも食欲の減退が主な症状です。そして体のあちこちが痛み始めるのも症状の一つであり、鬱の間はこれらに悩まされることになります。

精神的な変化

女性

うつになることで精神的な変化が現れます。感情障害が起き、ネガティブな歯垢に歯止めが効かなくなる他、思考力が低下し、セロトニン不足による意欲の低下も症状の一つとして現れます。

うつ病の治療方法

医者

うつ病の治療方法はカウンセリングと抗うつ剤、そして認知行動療法の3つが挙げられます。この3つを使い分けることにより、うつ病の症状は徐々に緩和していき、元の状態へと戻っていきます。